まなび、かく、ブログ。

グローバル企業の中堅社員。アメリカ在住。「学んだこと」を2~3分で読める記事にまとめ、アウトプットしています。読むことで効率的に学びを得られます!

ストーリー x Tシャツ=捨てられない!

今週のお題「お気に入りのTシャツ」

 

うーん。どんなTシャツがクローゼットの中にあるかな?

見に行ってみた。

 

なるべく少ないものですっきり暮らす、という目標のもと、

幾度かの「断捨離」に耐えて生き残っている

タフなTシャツたちがそこにいた。

 

今日はタフなTシャツ君3名を紹介しようと思うわけだが、

1つの共通点に気づいた。

 

それは、どれも「自分なりのストーリー」が存在すること。

それゆえに、持ち主である私が

「捨てられない」

「捨てたくない」

マインドに完全になっており、

長くクローゼットに君臨できているのだ。

 

きっと誰も、

自分にとって大切なストーリーと共に

購入したり、もらったりしたものは

長く大切に持っているのではないかな?

 

そんなストーリーと共に紹介したい。

 

1.Knoxville x Guitar T

f:id:SEVENHABITS-07:20200802063040j:image

これは4年前テネシー州に越してきた直後、

近隣のKnoxvilleにお出かけの際、

ひとめぼれで買ってしまったもの。

 

Knoxvilleという町のダウンタウンの雰囲気に惹かれたこと、

もともと私はギタープレイが趣味であること、

当時「エンジ色」がマイブームだったこと、

 

この3点の偶然の一致・・・。

これは自分が買わず誰が買う?というぐらい

バチっとニーズにはまってしまい、購入。

 

2.Logos "No Coffee No Camp" T

f:id:SEVENHABITS-07:20200802063046j:image

6年ほど前、趣味としてキャンプを始めたばかりの頃、

愛知の常滑のショッピングモールでこのTシャツに出会ってしまった。

 

その当時「キャンプにおいて自分が最も大切にするものって何だろう」

って考えた結果、

夜の「焚火+酒」

朝の「焚火+コーヒー」

という答えが出ていた。

そんな折に、バンと目に飛び込んできたこの

脱力満点のゆるT。

完全に私の価値観を代弁しているような気がして。

これも即買いでした。

 

それ以来、キャンプ場の「朝」には

必ずこのTシャツを着ています(笑)

文字に気づいた人からは、けっこう話しかけられます。

アメリカのキャンパーたちにも、共感されるみたい。

 

3. The North Face "Yosemite National Park Half Dome T'

f:id:SEVENHABITS-07:20200802063053j:image

10年前、カリフォルニア州のヨセミテ国立公園に

会社の先輩と2人で日本から旅行へ行った。

その時に買ったもの。

 

ヨセミテ国立公園の衝撃と言ったら、

凄かった。

人生でも指折りのものだった。

あまりにもデカい。

自然が迫りくる、大迫力。

公園にいる間中、鳥肌がずっとずっと収まらなかった。

それ以来、私は自然の偉大さに惹かれ、

国立公園に強い興味を抱くようになった。

 

ヨセミテのハーフドーム。

これを、大好きなThe North FaceがグラフィックTシャツ化してくれていたのだ。

これはもー買うしかないでしょ!!

North Faceさん、ズルイよ!!

 

10年間もクローゼットに君臨しているTシャツはこの1枚だけ。

「次回行くときにも必ず着ていきたい」

そう決めているものの、

なかなか実現できずにいる。

実は今年4月に行く予定をしていたのだが、

コロナ禍で叶わなくなった。

いつ行けるのか、

今は見通しが立てられないけれど、

いつか訪れるその時まで、

このTシャツを大切に持っておくのである。

ギターの聖地で買った何の変哲もないTシャツ

今週のお題「お気に入りのTシャツ」

 

このお題を見て1秒で思い浮かんだのが、

このTシャツです。

f:id:SEVENHABITS-07:20200802025941j:image

そう、アコースティックギターで世界的知名度を誇る

「Martin」の黒Tです。

本当に、何の変哲もない。

ただの黒コットンに白プリントがなされただけの、

安物です(笑)

 

確か18ドルぐらいで購入したと思いますが、

原価はほんの数ドルでしょうね。

 

そんなTシャツが私のお気に入り。

というか「宝」。

 

それはなぜか?

 

そう、これはアメリカペンシルバニア州ナザレスにある

マーティンギターの工場その現地で

自ら購入してきたお土産だからです。

 

1839年から、現在もなお

「世界のアコースティックギターをけん引する」本物の名器を

作り続けている、「生きる伝説」のような工場です。

 

この地を訪れたのは約2年前。

一般向けの工場内見学ツアーに参加しました。

 

製造工程の詳細を覚えているわけではないけれど、

最も印象的だったのが、

 

受付のお姉さん、

ツアーガイドのおばちゃん、

工場で働く職人さんたち、

グッズ売り場の兄ちゃんまで、

一人ひとりそれぞれに「誇らしげ」だったこと

 

「今まさにこの地で、自分たちの手で、世界一のギターを

作っている誇り」

 

のような空気感が

古いレンガ造りの工場内に

充満していて、

圧倒的な「本物感」を伝えていた。

 

今日本の、世界の製造業が

「ダントツ工場」「夢工場」といった

スローガンを掲げ、生産拠点を魅力的に

見せる努力をしていると思う。

自分も製造業に仕える一人として、

その様な事例はいくつも目にしてきた。

 

その様な中で比較しても、

マーティンギターのナザレス工場以上に

「夢工場」という言葉の似あう場所には

いまだかつて出会ったことがない。

そう断言できるほどに、

ナザレスの「オーラ」に圧倒されたのだ。

 

圧倒された気持ちそのままに、グッズコーナーで

まんまと購入したのが写真のTシャツ。

 

部屋着として活躍しているわけだが(笑)、

袖を通すたびに思い出すのだ。

名器「D-28」の最終塗工工程を任されていた熟練職人の、

タトゥーまみれの太い腕と小さなウインクを。

 

 

 

【あたりまえだけどなかなかできない33歳からのルール】

小倉広さん著

【あたりまえだけどなかなかできない33歳からのルール】

について、

超重要なエッセンスをまとめます。

 

本著は、33歳からの我々大人に向けて、

仕事や人生への向き合い方を指南した

実践的な本です。

 

小倉さん自身が経験した、

33歳からの大きな人生のふり幅。

 

仕事からプライベートまで、

濃い経験をされる中で学び続けてきた小倉さん。

 

自らを「ファーストペンギン」と称するように、

自ら行動を起こし、そのなかで様々な失敗も

してきたからこそつづれる、「至言」の数々。

 

私にとっては常に手元近くにおいておき、

折に触れて読み返す。そんな大切な一冊になっています。

 

今日はそんな名著から、

超重要なエッセンスをまとめて記載します。

 

結論:

33歳からの僕らは、

自分をさらけ出し、自分を承認し、自分を磨き、

より魅力的な人間になっていこう。

33歳からの経験、努力、学び、

それらが幸福な40代につながるのだから。

 

 

以下、私がお気に入りの「至言」たち。

 

他者評価に依存したままでは、一生幸福は得られない。

自己承認せよ。自分で自分にOKを出してやろう。

自己承認の基準は以下2つ。

120%全力を出し切ったならOK

利己ではなく、利他の精神だったならOK

 

 

かっこ悪い部分をさらしだして裸になれ。

かっこ悪いはかっこ良い。

らっきょの皮をむくように、外からどんどんむいていって、

最後に残る部分が「成熟」というもの。

 

 

大人になることは、限りなく子供に戻ることかも知れない。

 

過去は変えられない。

捉え方は変えられる。

ならば、過去におきたことは全て良かったことと捉えよ。

過去から学び、成長し続ける限り、失敗はない。

そんな自分に自分でOKを出してやれ。

 

 

おじさんになるな。

異性の目を気にしなくなると途端おじさん化がはじまる。

おじさん化は見た目だけでなく、仕事の進め方にも表れる。

 

 

30代に学び、努力し、にじり寄るように成長してきた人間が、

充実の40代を送ることができる。

 

 

キャリアアップと同時に、

キャリアドラフトという考え方も知っておくこと。

時には、あえて流されてみる。

そして一生のうちに何度か、

流れに逆らう、または竿を指す。

 

 

「会社にしがみつく」

そんな選択も良い。

「選択する人生」はかっこ良い。

「言い訳ばかりして選ばない人生」はかっこ悪い。

 

 

スタイルとも呼べるこだわりを持て。

本物に触れ、豊かな心で生きよ。

JAZZ、映画、日本芸能を語れる渋い大人になれ。

 

 

どうだろう、

40代になって自分の人生のチップがおおかた決まる前の、

かといって若者扱いをされるでもない、

あらゆる重責を負う機会も多い、

チャレンジングで、

スリリングな、

この30代という時に、

ぜひ意識していきたい至言ばかりではないか。

 

私たち30代は未熟だ。

だからこそ、まだまだ学び続け、

成長し続けるマインドが必要なのだ。

失敗もたくさんする。

それでも自分で承認してやる。

過去の出来事は「すべて良かったこと」

なのだから。

おじさんになるにはまだまだ早すぎる。

20代の頃の「牙」を失っていないか?

 

そんな風に、

今日も自分に問いかけるのである。

 

 

あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール (アスカビジネス)

あたりまえだけどなかなかできない 33歳からのルール (アスカビジネス)

  • 作者:小倉 広
  • 発売日: 2009/06/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

【全文公開】ドナルド・トランプ大統領から手紙が届きました。

去る5/22、一通の白い封筒が、我が家に届きました。

 

あて名は私と妻の連名。

 

差出人は何と、「THE WHITE HOUSE WASHINGTON」とあります。

 

驚いて開封してみると、一枚の白いレターサイズの手紙が。

 

手紙の末には、

何と「President Donald J.Trump」とサインが印刷してあるではないか!

f:id:SEVENHABITS-07:20200722204810j:image

小市民の私に、大統領からいったい何なのでしょうか?

 

何かやらかした?

知らぬうちに、国の超機密事項に触れてしまった?

アジアから送り込まれたスパイだと誤解されたとか?

独立記念日に芝刈りしてたことが

ホワイトハウスの逆鱗に触れた???(んなあほな!)

 

今日はその全文を公開します。

(改行はこのブログのために私が独自に行いました)

 

===============

 

THE WHITE HOUSE WASHINGTON

Your Economic Impact Payment Has Arrived.

 

My fellow American:

Our great country is experiencing an unpreceedented public health and economic challenge as a result of the global coronavirus pandemic.

 

Our top priority is your health and safety.

As we wage total war on this invisible enemy, we are working around the clock to protect hardworking Americans like you from the consequences of the economic shutdown.

 

We are fully comitted to ensuring that you and your family have the support you need to get through this time. 

 

On March 27,2020, Congress passed with overwhelming bipartisan support the Coronavirus Aid, Relief, and Economic Security Act (CARES Act), which I proudly signed into law.

 

I want to thank the United States House of Representatives and the United States Senate for working so quickly with my Administration to fast-track this $2.2 trillion in much-needed economic relief to the American people.

 

This includes fast and direct economic assistance to you.

I am pleased to notify you that as provided by the CARES Act, you are receiving an Economic Impact Payment of $ ********* by check/debit card. We hope this payment provides meaningful support to you during this period.

 

Every citizen should take tremendous pride in the selflessness, courage and compassion of our people. America's drive, determination, inovation and sheer willpower have concured every previous challenge--and they will concuer this one too. Just as we have before, American will trinmph yet again--and rise to new heights of greatness.

We will do it together, as one nation, stronger that ever before.

President Donald J. Trump

 

 

訳(超簡訳):

わが偉大なるアメリカ国民の皆さん。

皆さんの健康と安全こそ国の最優先事項です。

コロナ禍で未曾有の危機の中、経済崩壊を防ぐべく、

国もベストを尽くす所存です。

 

政策の一環として給付金を付与することが議会を可決しました。

あなたのもとに$***の小切手を送付するので、

有効にお役立ていただけることを望んでいます。

 

わが偉大なる国は、過去の歴史が証明する通り、

必ずやこの困難を皆さんと一緒に乗り越えられます。

そして、

かつてないほどに強くなっていくのだ!(終)

 

大統領 ドナルド・トランプより

 

===============

 

「アメリカで雇用され納税し、確定申告を済ませ、

かつ一定の給与額を越えない人」が配布対象になるので、

 

この全文公開はまあまあレアなものだと思っています。

 

短い文章ですが、

単語の使い方や、表現から、

 

  • 自国へのプライド
  • 国民に対する接し方
  • 政府としてのコロナウイルスに対する考え方
  • 誇りを持って政策を行うという正義感
  • 決定プロセス説明の簡潔さ
  • 最後に国民を鼓舞するメッセージへの結び付ける

 

などなど

色々なものを読み取ることができ、

「この歴史的な出来事」の中の

1つの読み物として、なかなか面白いのでは

ないでしょうか。

 

そういった視点で、

ぜひもう一度「原文」を

お読みいただければ、と思います。

 

ちなみに、、、、

このレターを受け取ったのは5月後半。

その後2か月たった今現在、

例の小切手はいまだに届いていません。。。

 

 

 

Have a good one!

 

 

 

 

 

 

【フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか】

今日は【フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか】についてオンライン受講しました。

 

講師:堀内 都喜子さん(ライター)

 

幸福度世界ナンバー1といわれるフィンランド。

駐日フィンランド大使館勤務でライターの

堀内さん自ら、同タイトル著書の解説。

 

日本が学ぶべき価値観、

日本人にかけている考え方が

ちりばめられていた。

 

一度立ち止まって、

フィンランドの良い部分を

じっくり学んでみることも

大事だと思う。

 

<学びメモ>

 

  • 社会保障

社会保障が充実。

教育・医療など無料。

 

セーフティネットがしっかり引かれているので、

若者がチャレンジする後押しにもなっている。

 

目標にチャレンジする前向きな転職も多く、

有能な人ほど転職する。

起業ブームが起きており、

テクノロジーとアイディアを駆使したIT産業が活発。

 

社会保障は税金が支えているが、

税を払うことへの満足度が80%超え。

 

国の制度がある程度自分で望んだとおりになっていることへの

満足度ともいえる。

 

 

  • 女性の社会進出

女性の社会進出が非常に進んでいる。

首相は34歳女性。

5党の連立政権だが、5党党首全員女性。

議員の約半数が女性。

内閣も半数以上女性。

 

人口550万人と少なく、

男女関係なく納税することで成り立っている。

政治にも男女や年齢関係なく、

フラットに登用していく傾向。

フィンランドにとってごく自然なことで、

特にすごいことと自認はしていない。

 

 

  • 仕事・働き方

仕事も生産性へこだわり、

プライベートもしっかり充実。

 

ムダを減らし、

生産性を高め、

就業時間内に納めていく努力を、

各人が行っている。

 

もともと在宅ワーク率が3割超えと高い。

コロナ禍でさらに在宅ワーク率が増加し、

多くが「生産性アップ」を実感。

(日本人の多くは生産性ダウンを実感)

 

「プライベートを楽しむ権利」

を会社も後押しして、

しっかり行使していく考え方。

 

 

  • 文化・プライベート

サウナは日本の風呂釜のように、

どの家庭にもある。

サウナでの「裸の付き合い」で

人間関係を深めていく文化もある。

 

森・湖が多い。

フィンランド人は自然の中が大好き。

セカンドハウスを湖畔に持つなど、

アウトドアライフも楽しんでいる。

夏は長期休暇を自然の中で取り、

家族との時間を楽しむ。

 

<意見・考え>

プライベートを楽しむ権利を大切にすること、

これはアメリカにも言えること。

だが社会保障の充実と、そのことに

多くの人たちが満足し、納税の満足度が高いことが

良いなと思った。

国民の求めていることを政治にしっかり反映し、

それを実現する、という

ある種「あたりまえ」なことがなされている国なのかな。

 

国の政策が、

「一人一人の幸福」にしっかり焦点が当てられている気がする。

そのことで国民の幸福度は保たれ、

年齢・性別問わずも積極的なチャレンジも促進できている。

好スパイラルに入っている印象。

 

もちろん課題はあるだろうが、

根底にある考え方や価値観は、

日本も大いに学ぶべきだと思う。

 

日本社会でがちがちに頭が固まってしまうと

もはや理解できないのかも。

「おとぎ話」で終わらせるのではなく、

「フィンランド移住」も選択肢に入れてみようかな??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【部下やチームが期待通りに動く『壁マネジメント』】

今日は【部下やチームが期待通りに動く『壁マネジメント』】

についてオンライン受講しました。

 

講師:山北洋平さん (アッタックスセールスアソシエイト)

 

これからマネージャー昇格を目指している自分にとって、

大変勉強になる内容。

こんな場合、あんな場合、どうしよう。。。

イメージをふくらませながら、

できるだけ自分にあてはめながら聞きましたが、

少し難しい内容だった。。。

 

この先引き続き、学んでいきたい内容です。

 

<学びメモ>

 

チームをゴールへ導くのがリーダー。

と同時に、

ゴールから離れたほうへ向かうことに対しては、

断固『壁』になって動じず、

悪い流れをしっかりとせきとめ、

やはり正しいゴールへ導くこと。

これが『壁マネジメント』

 

 

このように理解しました。

 

これを「川の流れ」に例えていたのが

とても分かりやすい。

 

仕事って、思えば確かに流動的で、

ふと気づけば

ゴールに向かっていない行動がなされていたりしがち。

 

そんなとき、ガンと硬い「壁」になって

チームの行き先を正す。

それは勇気のあることでもあり、

マネージャーの大事な役割の1つ、だと感じた。

 

指示だけマネージャーは多い。

だがそれではだめ。

 

 

山北さんはそう断言する。

「指示の出しっぱなしで、あとは放置」

のスタンスでは、

正しくない方向に向かう流れをも、

せきとめることは出来ない。

 

このような考え方を基盤としたうえで、

日々のマネジメント方法の紹介として、

 

  • 行動設定ルール
  • 介入ルール
  • フィードバックルール

 

が紹介されていた。

 

簡単に結論を言うと、

目標とルールを明確に定め、

部下にロック(完全コミット)してもらう。【行動設定ルール】

 

そして、

こまめに介入していくルールを決める。【介入ルール】

1日10分(部下が5人なら、1人2分で良い)

介入する時間をもれなく確保し、

介入していく。

 

 

こまめにフィードバックしてもらうルールを決める。【フィードバックルール】

望ましい行動を強化し、

望ましくない行動を弱化する

介入時のフィードバックが必要。 

 

そして、

 

決めたことを淡々と遂行し続ける。

「壁」になって遂行させ続ける。

 

 

この手法については、

正直「うわ、細か。しんどそう。。。」

と思ってしまった。

 

週の行動を大枠で(とは言え30分単位で)宣言させ、

翌日の行動は完全に30分単位で宣言させ、

それをフォローしていくという主旨のものだった。

 

この手法のよしあしは、、、私にはまだ分からない。

 

部下を徹底的に管理していくには

適した手法なのかもしれないが、

細かすぎて毛嫌いする部下もけっこう出そう。。。

 

もっと、

部下が自然と行動をおこしたくなるような

チームの雰囲気を作ることのほうが大事なのでは?

 

『壁マネ』の考え方は取り入れながら、

もっと『個人の能力をのびのびと発揮させてやる』

ことも忘れず。

バランスが大事なのかな、と思った。

 

 

1つのメソッドとして頭に入れ、

もう少し勉強していこうと思った。

(その際、またアップします)

 

<To Do>

 

  • 自分の周りで『壁マネ』になっている人を探し、やり方を盗む。

 

  • 『壁マネ』になるには『絶対的なNO』と『絶対的なYES』が自分の中に宿っている必要があると思う。

 

  • 日々、自分のアタマで考えることを繰り返し訓練して、自分の軸を養っていく。これに尽きるのかな。

 

 

 

 

 

 

 

【伝え方が9割】重要エッセンスまとめ

 佐々木圭一さんのベストセラー【伝え方が9割】。

大ヒット書籍なので多くの方が読まれたと思いますが、

改めて素晴らしい内容満載の名著だと思っています。

 

SNSやブログなどで、誰もが「言葉という武器」を

使って自由に発信できる時代だからこそ、

「伝え方」の重要性がどんどん増していると思うのです。

 

本書のメッセージから、超重要エッセンスをまとめてみました。

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】
 

 

「伝え方が9割」は決して大げさな表現ではない。

 

「伝え方」1つで、同じ内容を伝えるにしても、

結果がまったく異なってくる。

 

その連続で人生が作られていくとしたら?

 

「伝え方」を見直すことは人生を左右するほど

大事なことだ、と早く自覚すべし。

 

 

伝え方の基本ルール3つ

  1. 自分のアタマの中をそのまま言葉にしない!
  2. 相手のアタマの中を想像する
  3. 相手のメリットと一致するお願いをつくる

 

 

得たい結果から考えて、

相手のメリットと一致するように、

「料理」してから伝える、ということですね。

1つの「おもてなし」ですね。

 

 

本書には具体的なテクニックが多数紹介されていますが、

その一例を紹介します。

 

YESを引き出す切り口

  1. 嫌いなこと回避→相手の嫌いなことを活用する!
  2. 選択の自由→選択肢を用意し、相手に判断しやすくさせてあげる

 

1の例:

X芝生に入らないでください

O芝生に入ると、農薬の匂いがつきます

 

2の例:

Xどうしましょうか?

O AかBと考えています。どちらにしましょうか? 

 

 

これ、どちらも「相手」のアタマの中を想像した結果の、

相手を主語にして考えた伝え方ですよね。

 

「相手」に動いてもらうために伝える以上、

「相手」を主語に考えることが、

最も効果的なのです。

 

こうした「伝え方」を日頃から本当に意識できている人って、

実はそういないですよね。

 

そして、そういう人は「信頼」や「人望」も

集めやすいことが想像できますよね!

 

 

実践的テクニック

  • ギャップ法

→「否定の後に、工程。」

や「逆説的な2つを並べて、ギャップを意図的に作る」

例:これは私の勝利ではない。国民の勝利だ。(オバマ演説)

 

  • クライマックス法

→「ここが結論ですが、」

「ここだけ覚えて帰ってほしいのですが、」

今から重要ポイントを伝えます、と前置きすることで

集中させる。

 

<To Do>

  • 自分はこれまで、自分のアタマの中をそのまま言葉にしてきて、

ずいぶんと損してきたかも知れない。

 

  • 「相手」に期待通り動いてもらうためには、

やはり「相手」に響く伝え方が大事。

 

  • そのためには、「利害関係」とかも考える必要があるな。

瀧本哲史さんの言っていた「交渉術」にもつながる。

重要な情報を「引き出す」つまり「聞く力」も

重要だと思う。

 

  • そのあたり、意識していくことで、

人生を左右する「伝え方」を体得していきたい。

 

 

いかがでしたでしょうか?

ぜひ参考にしてみてください。

 Habe a good one!